2016年09月23日

ニンジン間引き

店舗前。
夕方になるとひんやりするくらい涼しい気候になりました。
DSC_6057.JPG


香りの良いハーブ、ローズマリーとラベンダー

秋は気候が安定しているので育てやすくなります。
DSC_6059.JPG

DSC_6061.JPG

土のう袋にタネをまいたのカラー(黄色、紫、オレンジなど)ニンジンです。
7月20日まき

最終間引きとされる本葉5,6枚の生育状況です。
DSC_6023.JPG


種まきから2か月たっても根長は2、3p。(収穫目安は根長25pくらい)
ニンジンはゆっくり生育します。
収穫は今からおよそ60日後になります。
DSC_6024.JPG







posted by yasai at 18:43| Comment(0) | やさいの栽培

2016年08月13日

ニンジン

8月に入り晴れ続きでほとんど雨が降っていません
DSC_5724.JPG

トケイソウ
DSC_5757.JPG

ネットメロン プランター試験栽培
ネットの基なるヒビが浮き出てきました。
DSC_5755.JPG
交配(受粉)日から約20日が経過しました。
あと40日ほどで収穫ができます。


ニンジンをに袋試験栽培

7月20日に種まきして現在本葉が2枚ぐらいです。
本葉が5,6枚の時に間隔が12pくらいになるように最後の間引きをします。

DSC_5760.JPG

種まきから収穫まで120日ほどかかるので
秋栽培ではまき遅れると生育不良の原因となるので
8月下旬ごろまでに播くようにします。

posted by yasai at 16:13| Comment(0) | やさいの栽培

2016年07月30日

プランターメロン

プランター栽培ネットメロンです。
DSC_5630.JPG


プラスチックのネットで立体栽培することにより
病気になりにくいメリットがあります。
DSC_5633.JPG


子づる2本仕立てで、2果獲りにしています。
DSC_5636.JPG

子づるから出るわき芽はすべて摘み取り
栄養の分散を防ぎます。
DSC_5637.JPG


実が着きだしたころに日付を記しておくと
収穫する目安になります。
果実は下から数えて15節ぐらいで着けました。

このまま順調に育てれば9月下旬には収穫できます。
DSC_5639.JPG







posted by yasai at 18:09| Comment(0) | やさいの栽培

2016年02月22日

エンドウ苗準備

苗販売用にエンドウを育苗しています。

DSC_4598.JPG

まだ気温の低い時期なので不織布で覆って保温して発芽を促します。

布は有孔なので用土が乾いた時もそのまま水やりが可能です。
DSC_4600.JPG

種まきから10日くらいで全体の3割くらいが発芽を始めています。
DSC_4602.JPG


低温から作物を守りまた生育の促進に、不織布の活用を

おすすめします。



posted by yasai at 18:22| Comment(0) | やさいの栽培

2016年01月26日

ジャガイモ タネ切り分け

先週末からの寒波による雪も当店のある舞鶴市では
予想よりも雪は少なくほとんど一日で溶けました。
DSC_4442.JPG

春植えタネジャガイモ
DSC_4448.JPG


DSC_4449.JPG


種イモのヘソ。
親芋と繋がっていた部分で、このくぼんだヘソところを見つけて
種イモ縦切りすると、切り分けた芋の芽が均等に付いてるようになります。
DSC_4450.JPG


DSC_4452.JPG










posted by yasai at 11:07| Comment(0) | やさいの栽培

2015年07月06日

土壌の手入れ

7月にも入りミニトマトが色づくペースが上がってきました。
DSC_3867.JPG


梅雨時など雨がたくさん降ると野菜や草花類の土壌も固まってきます。
DSC_3855.JPG



土の中へなるべく酸素がいきわたるよう、クワなどで
をほぐすように土の表面を少し削っていきます。
DSC_3865.JPG

ほぐれた土は通気性が良くなるので植物の根張りの向上にもつながります。

土をほぐした後、肥料を与えると効果的です。
DSC_3866.JPG















posted by yasai at 15:58| Comment(0) | やさいの栽培

2015年03月29日

イチゴ

何日かぶりに少し雨が降りました雨

DSC_3230.JPG

この時期気温が上がるとともに秋植えのイチゴ苗も生育が活発になってきます。

株元は実が付く花芽も今後伸びだしますのでわらやバーク堆肥・ポリマルチなどで
泥の跳ねかえりを防止します。
DSC_3234.JPG

追肥もこの時期に与えます。
DSC_3235.JPG

肥料の吸い上げを手助けする活力液も合わせて使用すると効果的です。
DSC_3236.JPG
地がやせていて植物に元気がないときなどにどうぞ。



















posted by yasai at 13:34| Comment(0) | やさいの栽培