2019年02月08日

キッチンファーム

キッチンファーム

寒い冬でも室内で水耕栽培
ブロッコリースプラウト
BDFA9BE9-C4BC-42F9-A27D-380D8F8F73D2.jpeg

種まきから7〜10日で収穫!
47DE88F6-FE47-45B9-866C-B1AF4582F86C.jpeg



土を使わないので衛生的!
99AFF528-4408-454D-88AD-2FE39F5B58F8.jpeg


posted by yasai at 21:44| Comment(0) | やさいの栽培

2019年02月06日

タマネギ栽培殺菌、追肥

今年は暖冬!
9D7C6D52-1DFD-437A-8657-76AA406B3128.jpeg

タマネギ栽培
3月以降、葉が茶色くなったり病害が出やすいので殺菌剤の予防散布を!


8FED4793-7A7A-41B6-9A86-CBE318127BEE.jpeg

追肥もお忘れなく

9D499CB0-90E6-4866-8C5C-37310211E299.jpeg

posted by yasai at 17:28| Comment(0) | やさいの栽培

2017年07月17日

プランターメロン

夏野菜 旬の万願寺とうがらし 煮浸し

辛味果が少なく焼、煮、揚など用途幅の広い野菜です。
DSC_1323.JPG


秋まきメインの野菜、大根種子各種入荷しましたひらめき

DSC_1335.JPG


一般地の栽培では9月〜10月上旬が種まき時期となります。

品種数も大根の長さ、食味、収穫時期などの違いで多数あります。


お正月に需要のある金時人参の種子です。

DSC_1326.JPG

ニンジンは生育がゆっくりな野菜なので
一般地では7月〜8月下旬頃までが種まきに適しています。


夏の菜豆 

つるありインゲン種子
モロッコ

平莢で肉厚食味の良いインゲンです。
DSC_1324.JPG
春に続けて夏も種まきができます。低温の心配のない時期なので
生育も安定します。



試験栽培
鉢栽培向きネットメロン(接木苗を定植)
葉の節と節の間が短いため
鉢植えに最適な品種。


7/5にぐらいに着果しました。

虫喰いなどから守るためネットを被せています。
DSC_1327.JPG


順調に育てばあと1か月ほどで収穫できそうです。
DSC_1329.JPG


posted by yasai at 11:44| Comment(0) | やさいの栽培

2017年02月22日

じゃがいもタネ 切り分け

春色 花苗「きんせんか」切花にはならない矮性種です。

DSC_0671.JPG


春のジャガイモタネ栽培
ワンポイントアドバイス

DSC_0664.JPG

タネイモを購入後、2〜3週間ほど日光に当て
ておくことで植付け後に丈夫な芽を出させて栽培促進に
繋がります。(日中が10℃くらいを超すようになってから日光に当てる。夜間は屋内へ取り込む)


タネイモの切り分け
切らずに植えると植付け後、芽が出放題で栄養が分散されてしまうので
一般的にはタネイモを2つ切りに分けて植え付けます。


タネイモをよく見ると
前作で株につながっていた丸く窪んだ「ヘソ」があります。

ヘソの付近に芽はほとんどないので切り分けるときに
ヘソを中心に2つに切り分けるとだいたい芽の数が均等になっています。
DSC_0656.JPG


DSC_0658.JPG

切り口は腐敗しやすいので
草木灰の塗布、もしくは2、3日置いて切り口を乾かしてから植えます。
DSC_0659.JPG


ヘソの部分と反対側は頂芽といい、ヘソの部分とは逆に
芽が多いので

DSC_0657.JPG

図のように頂芽を落とすことでさらに芽かきの手間を
省くやり方もあります。

DSC_0661.JPG

当地方での植付けは低温によって枯らすのを避けるため早くても3月下旬頃〜が良いです。


実とりエンドウ苗
数量に限りありますが販売しています。

DSC_0652.JPG










posted by yasai at 22:22| Comment(0) | やさいの栽培

2016年12月27日

エンドウの種まき

培養土をつかってエンドウの種まきをします。

DSC_0341.JPG


冬はほとんど生育しませんが、冬場の間に発芽をさせておくだけで
春の収穫に充分間に合うエンドウです。
DSC_0337.JPG




あらかじめ水を含ませた培養土を育苗箱にセットしてにタネをまいていきます。
DSC_0338.JPG




エンドウのタネを深植えするとタネが腐ることがあるので
2、3pくらいまでの深さにタネを落としていきます。
DSC_0339.JPG


寒さ・乾燥対策として不織布で育苗箱を覆って完成。

日当たりの良く風通しのいい、できれば雨の当たらない場所で発芽を待ちます。

不織布は有孔なので上から水やりも可能。白色なので
種に必要な日光も得られます。
DSC_0340.JPG









posted by yasai at 18:17| Comment(0) | やさいの栽培

2016年12月15日

鉢植えアスパラガス

一段と寒くなりそろそろ日本海の舞鶴市も初雪がふるような予報も出ています雪


ビオラ(スミレ科)
寒さで一層、株がシャキッとしています。
雪を被っても枯れることのない丈夫な草花です。
DSC_0245.JPG

シクラメン
12月に入るシクラメンは品質がとても良いので
開花も長く楽しめます。

DSC_0247.JPG



先日お知らせしたアスパラガス特大株を鉢植えしてみました。
DSC_0234.JPG


鉢の移動が比較的楽なプラスチックプランターに
(鉢の深さは30pほど)
DSC_0240.JPG



根を広げて
DSC_0241.JPG



根を回しながら鉢に植えこみます。
DSC_0243.JPG


元肥の入った培養土を鉢へ盛っていきます。
土は鉢のフチから2、3pくらい開けるくらいまで高く盛っておきます。
DSC_0244.JPG


土を盛ったら鉢底から水が流れ出るまでたっぷりやって
植付け完了!5〜6月ごろの収穫を待つだけです。

アスパラは冬、生育をストップするので鉢植えの場合は
鉢の土がしっかり乾いてから水やりする程度でOKです。

鉢植えなら移動をさせられるので大雨時などには
軒下などに取り込むことができます。

DSC_0248.JPG





posted by yasai at 17:17| Comment(0) | やさいの栽培

2016年11月01日

カラーニンジン

7月20日まきのカラーニンジンが種まきから100日目ひらめき
収穫目安は種まきからおよそ110日後です。

DSC_0059.JPG

土のう袋栽培です。
DSC_0058.JPG


イエローニンジンの首元が確認できました。
DSC_0056.JPG

土のう袋深さは約30p
カラーニンジンは若獲りしてサラダへの利用にも向いています。
DSC_0060.JPG

カラーニンジン各種
メーカー:丸種
秋、春まきが可能です。
DSC_0070.JPG





販売中の
カラーリーフ「ヒューケラ」
常緑多年草で耐寒性があるので
雪が被ってもOK
DSC_0044.JPG


クローバーティント
常緑多年草
DSC_0045.JPG

花苗
ビオラ
DSC_0048.JPG



春植えのカリブラコア「レモンスライス」(10月31日撮影)
栽培から約7か月経ちました非常に元気に咲き続けますひらめき
葉を切り戻しても回復力が早く何度も花を楽しめます。
DSC_0064.JPG

カリブラコア「レモンスライス
来季2017年春も4〜5月販売予定です。















posted by yasai at 17:09| Comment(0) | やさいの栽培