2018年06月28日

初秋キャベツ

梅雨空雨
ムシムシして暑い日が続いていますあせあせ(飛び散る汗)
DSC_3121.JPG

アンゲロニアという涼しげな草花かわいい
秋まで咲き続けまするんるん


DSC_3118.JPG

DSC_3119.JPG


夏野菜が収穫が始まっていますが、長く収穫をするためにも2〜3週間に一回は肥料やりを忘れずにひらめき


DSC_3093.JPG



秋、一番どり極早生キャベツ種子「初秋」
定植後の55日後で収穫できる暑さに強くやわらかいキャベツです。
中間地で7月中旬頃まで播けます手(パー)

DSC_3091.JPG



DSC_3090.JPG
posted by yasai at 18:07| Comment(0) | タネ

2018年06月23日

秋もの

梅雨空な一日でした曇り

DSC_3087.JPG


タネ関係は早くも秋ものが入荷しはじめています目
DSC_3083.JPG


葉ボタンもタネは7〜8月にまきます。
DSC_3082.JPG


秋種子のパンプレットぴかぴか(新しい)これを参考に品種選定して頂くのも良し!
DSC_3088.JPG


DSC_3089.JPG


キュウリのタネまきに最適な時期です!

温度的にも発芽しやすく、育ちも良く、苗を購入するよりコストをおさえられますひらめき
DSC_3085.JPG

今の時期だと種まきから、およそ50日後くらいから収穫が可能です手(チョキ)
DSC_3084.JPG
posted by yasai at 18:44| Comment(0) | タネ

2018年02月28日

ケイトウのタネ

地味な画ですが、春まき草花のタネ「けいとう」
お盆の花ととして使われる植物ですひらめき
DSC_2455.JPG

タネがとても細かいケイトウです。
種まき床に落とすと見えにくいあせあせ(飛び散る汗)
DSC_2456.JPG


春の低温下の播種となるため、温度の確保が必要。
けいとうの発芽適温は25℃くらい。

発芽床であるピートバンを約25p四方のドーム入れて
うまく発芽させる方法を検証中でするんるん
DSC_2459.JPG
posted by yasai at 19:36| Comment(0) | タネ

2018年01月19日

2018初投稿

遅れましたが2018年初めての投稿ですあせあせ(飛び散る汗)

店内は春まきタネが順次入荷中です手(パー)

1月と2月は日曜日を休業日とさせて頂きます


荒川種苗
舞鶴市円満寺148-10(国道27号沿)
TEL(0773)75-0932
8:30〜冬季は18:00頃まで営業


DSC_2169.JPG

DSC_2168.JPG


DSC_2167.JPG


DSC_2164.JPG


DSC_2165.JPG


DSC_2166.JPG
posted by yasai at 15:53| Comment(0) | タネ

2017年10月14日

ホウレンソウ

冬は寒さにより甘みが増し美味しくなるホウレンソウの種子です手(チョキ)

DSC_1647.JPG

冷涼な気候を好むホウレンソウは10月くらいの気候がタネまきにも丁度良くなりますひらめき



プランターでもホウレンソウの栽培は可能です。

筋播きで1pくらいの感覚でタネまきすると、後の間引き作業が楽になります。
DSC_1602.JPG

DSC_1622.JPG

ホウレンソウ種まき後10日↓

ホウレンソウは過湿土壌が苦手なので
水はけの良い土で栽培するようにします。
DSC_1645.JPG





posted by yasai at 15:04| Comment(0) | タネ

2017年09月01日

ルッコラ(ロケット)

ゴマのような味でピリッとした辛味のあるサラダハーブのルッコラ(ロケット)

タネは細かいですが、発芽はしやすく2日ほどで芽が出ます。
DSC_1477.JPG


とある方から「ルッコラのタネをまいて10日くらいしたころが味が濃く本当にゴマの
要で美味しい!」と言われたのでミニプランター栽培で試してみましたひらめき


タネまきから約10日経過↓
DSC_1475.JPG



双葉から本葉が一枚すこし出てるくらいです。
DSC_1476.JPG


試食してみると…

DSC_1481.JPG

味は濃く、よりゴマ風の味がしました!


ルッコラに限らず、ブロッコリースプラウト、かいわれ大根、豆もやしなど
芽出し直後の野菜は味が濃く、栄養も凝縮されていますひらめき

栽培も小さな容器できて手軽です!

posted by yasai at 21:24| Comment(0) | タネ

2017年08月23日

ニンニクタネ

青森県産 ホワイト6片にんにく タネ 今期分入荷です。

近年のにんにく人気により国内でのホワイト6片にんにくも需要が増え、
品薄状況により価格の高騰傾向となっておりましたが今年は特に値上がりし

今期は昨年よりも2割程度、値上げでの販売をせざる得なくなりましたたらーっ(汗)

お客様にはご不便をおかけしますがご理解のほど宜しくお願い致しますバッド(下向き矢印)
DSC_1459.JPG


品質は申し分なく等級:AのLサイズ寸のにんにくタネを当店では販売しています。

品質の高いにんにくタネはしっかり生育してくれますわーい(嬉しい顔)
DSC_1462.JPG

粒は大きく、味もとても良いホワイト6片にんにくですひらめき

ホワイト6片にんにくの植付けは一般地では10月からをおすすめします。




↓5〜6月は花盛りだったペチュニアも…
DSC_1191.JPG



暑すぎで元気をなくしてくるので
2回目の葉の切り戻し。
切り戻してあげることでまた生育がよみがえってきます。
DSC_1457.JPG


切り戻し後は活力液リキダス 原液20ミリを200倍に希釈した水溶液を与えて
回復力を高めてあげます。

DSC_1456.JPG

夏場は植物も疲れやすくなるので1週間に1回ほど特に草花の鉢植えには
活力液を与えて生育を維持させます。

posted by yasai at 21:25| Comment(0) | タネ