2017年02月22日

じゃがいもタネ 切り分け

春色 花苗「きんせんか」切花にはならない矮性種です。

DSC_0671.JPG


春のジャガイモタネ栽培
ワンポイントアドバイス

DSC_0664.JPG

タネイモを購入後、2〜3週間ほど日光に当て
ておくことで植付け後に丈夫な芽を出させて栽培促進に
繋がります。(日中が10℃くらいを超すようになってから日光に当てる。夜間は屋内へ取り込む)


タネイモの切り分け
切らずに植えると植付け後、芽が出放題で栄養が分散されてしまうので
一般的にはタネイモを2つ切りに分けて植え付けます。


タネイモをよく見ると
前作で株につながっていた丸く窪んだ「ヘソ」があります。

ヘソの付近に芽はほとんどないので切り分けるときに
ヘソを中心に2つに切り分けるとだいたい芽の数が均等になっています。
DSC_0656.JPG


DSC_0658.JPG

切り口は腐敗しやすいので
草木灰の塗布、もしくは2、3日置いて切り口を乾かしてから植えます。
DSC_0659.JPG


ヘソの部分と反対側は頂芽といい、ヘソの部分とは逆に
芽が多いので

DSC_0657.JPG

図のように頂芽を落とすことでさらに芽かきの手間を
省くやり方もあります。

DSC_0661.JPG

当地方での植付けは低温によって枯らすのを避けるため早くても3月下旬頃〜が良いです。


実とりエンドウ苗
数量に限りありますが販売しています。

DSC_0652.JPG










posted by yasai at 22:22| Comment(0) | やさいの栽培
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: